注目の記事 PICK UP!

ワールドカップのグループリーグの組み合わせ抽選ってどうするの?

とうとうロシアワールドカップが始まりました!
ワールドカップ直前に日本代表監督がハリルホジッチ監督から西野監督に代わりましたが、なんとしてでも日本代表はグループリーグを突破して決勝トーナメントの進出をしてもらいたいです。
すでにグループリーグの試合が始まっていますが、今回は決勝トーナメント進出のカギを握る、運命のグループリーグの抽選方法について説明します。



スポンサーリンク

4グループに分けて抽選

グループリーグの抽選は全チームがガラガラポン!で抽選をされる訳ではありません。
強豪国同士や同一大陸同士がある程度対戦しないように配慮されます。

具体的には4つのグループのポッドに第1ポッドから第4ポッドに分けられます。
ポッドの数はいちグループリーグ当たりのチーム数と同じ。
つまり、グループリーグはAグループからHグループまでの8つのグループがあり、第1ポッドから1チーム、第2ポッドから1チームといった具合にひとつのポッドからひとつのグループリーグに抽選で割り当てていきます。

従って、ポッドの分け方を工夫することで対戦国をバラけさせられるということです。

強豪国同士や同一大陸同士は対戦しない

じゃあどうやってポッドを分けるのか?ですが、いままではアジアのポッド、アフリカのポッドという具合に大陸間でポッドを分けていました。
ただ、これではヨーロッパの強豪と南米の強豪が対戦する可能性が高いので、ロシアワールドカップからはFIFAランキングでポッドを分けることになりました。

実際にどうやって分けられたかですが、超単純。2017年10月16日に発表されたFIFAランキングの上位から順に振り分けられました。
FIFAランキング(リンクになっています→):http://www.fifa.com/fifa-world-ranking/ranking-table/men/rank=279/index.html

で、実際のポッドの振り分けは以下の表のとおりです。

ポッド1 ポッド2 ポッド3 ポッド4
ロシア スペイン デンマーク セルビア
ドイツ ペルー アイスランド  ナイジェリア
ブラジル スイス コスタリカ オーストラリア
ポルトガル イングランド スウェーデン 日本
アルゼンチン コロンビア チュニジア モロッコ
ベルギー メキシコ エジプト パナマ
ポーランド ウルグアイ セネガル 韓国
フランス クロアチア イラン サウジアラビア

例外がひとつだけあります。本来ならロシアは65位!なので第4ポッドになりますが、ロシアは開催国ですので第1ポッドに入っています。
っていうか、ロシアって日本(50位)よりランキングが下なんや・・・知らんかった。

もうひとつ大切なルールがあります。
それは同じ大陸同士は同じグループリーグに入らないように配慮されます。ただし、ヨーロッパは出場国が多いのでこのルールからは除外されます。

従って、ブラジルとアルゼンチンはペルー、コロンビア、ウルグアイとは対戦しません。アジアで言えばイランはオーストラリア、日本、韓国、サウジアラビアとは対戦しません。
ちなみにオーストラリアはアジアサッカー連盟に所属しているのでアジア枠となります!他の北中米カリブ、アフリカ大陸も同様です。

以上を踏まえてここからは決定したグループリーグに当てはめて説明していきます。

グループA グループB グループC グループD グループE グループF グループG グループH
ロシア(開催国) ポルトガル フランス アルゼンチン ブラジル ドイツ ベルギー ポーランド
      南米以外 南米以外      
               
               

前述の通り、ポッド1から順に抽選をしていきますが、開催国のロシアはグループAに入ることが抽選前に決定しています。
同じ大陸同士の対戦はありませんので、グループDとEにはペルー、コロンビア、ウルグアイは入りません。



スポンサーリンク

スペインとイングランドがポッド2へ!

そして、ポッド2の抽選になります。なんと無敵艦隊スペインとイングランドがポッド2に入っています。特にスペインがポッド2なのは驚きです!こりゃ死ぬな。
ポッド2の抽選結果は以下の通りとなりました。

グループA グループB グループC グループD グループE グループF グループG グループH
ロシア(開催国) ポルトガル フランス アルゼンチン ブラジル ドイツ ベルギー ポーランド
ウルグアイ スペイン ペルー クロアチア スイス メキシコ イングランド コロンビア
               
               

スペインとイングランドはグループBとGに入りました。この時点で決勝トーナメント進出がポッド1と2のチームに絞られることになり、あとから入るチームとってかなりキツいグループとなってしまいました。
同一大陸の対戦はありませんので、グループFにメキシコが入ったことによりグループFには北中米カリブ海のコスタリカ、パナマは入りません。南米のチームは全チームが抽選されました。
そして第3ポッドの抽選の結果は以下の通り。

グループA グループB グループC グループD グループE グループF グループG グループH
ロシア(開催国) ポルトガル フランス アルゼンチン ブラジル ドイツ ベルギー ポーランド
ウルグアイ スペイン ペルー クロアチア スイス メキシコ イングランド コロンビア
エジプト イラン デンマーク アイスランド コスタリカ スウェーデン チュニジア セネガル
アフリカ以外 アジア以外     北中米カリブ以外 北中米カリブ以外 アフリカ以外 アフリカ以外

だいぶ絞られてきました。グループAとG、Hはポッド3でアフリカのチームが入ったのでナイジェリアとモロッコは入りません。
同様にグループBにイランが入ったので、オーストラリア、日本、韓国、サウジアラビアは入りません。第4ポッドの抽選の結果、最終的に以下のようになりました!

グループA グループB グループC グループD グループE グループF グループG グループH
ロシア(開催国) ポルトガル フランス アルゼンチン ブラジル ドイツ ベルギー ポーランド
ウルグアイ スペイン ペルー クロアチア スイス メキシコ イングランド コロンビア
エジプト イラン デンマーク アイスランド コスタリカ スウェーデン チュニジア セネガル
サウジアラビア モロッコ オーストラリア ナイジェリア セルビア 韓国 パナマ 日本

このような方法で予選グループの対戦相手が決まります。うまくバラけたでしょうか?
前述のとおりグループBとGはポルトガル・スペイン、ベルギー・イングランドの予選突破が堅いですね。

以上で、サッカーワールドカップの予選グループの抽選の方法について説明しました。
このブログがみなさんのお役に立てれば幸いです。



スポンサーリンク

関連記事

  1. キープレーヤーはサラー!3強1弱のグループA!ロシアW杯予想

  2. スペイン?ポルトガル?ロシアW杯グループBの1位通過はどっちだ?

  3. 5年ぶりに復活するキリンカップ、決勝戦は市立吹田サッカースタジアム

  4. 代表監督!?ガンバ大阪が長谷川監督の退任を決定!!

人気記事

PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP