注目の記事 PICK UP!

Jリーグ1stステージ第6節ガンバ大阪の仙台戦を振り返りました

公式戦4連敗中と全く波に乗れないガンバ大阪ですが、アウェイの仙台戦でようやく連敗脱出となりました。その内容を振り返ります。



スポンサーリンク

スタメンに丹羽が復帰

攻撃陣のスタメンはトップに長沢、2列目はトップ下にアデミウソン、左に宇佐美、右に阿部でした。デフェンス陣はCBに怪我から復帰の丹羽とジョンヤのスパイコンビ。右も怪我から復帰のジェソク、左はレフティーファイター藤春です。丹羽が復帰したので、CBに入っていた今野が久々ボランチに戻ってきました。従ってボランチは遠藤・今野のコンビです。代わりというわけではありませんが井手口が怪我で戦線離脱です。う~ん。

3対1でリーグ3勝目

連敗脱出となった3勝目は前半のうちに3点を決め、ほぼ前半のうちに勝利をものにしました。試合前は仙台は引いて守るのかなと思っていましたが、そうではなく、結構前にプレスをかけに出てきました。こういう相手のほうがガンバはやりやすいはずです。試合開始早々5分、左サイドで宇佐美とアデミウソンが2回パス交換を行い、技ありターンでDFを置き去りにし長沢にクロス、長沢は難なくヘッドで先制点!さらに14分、自陣のペナルティエリア付近、ジェソクと奥埜との競り合いでこぼれ球を宇佐美が広いそのままロングドリブルでゴールに突き刺しました。さらにさらに15分、DF陣でのパス回しを今野がプレスし、こぼれ球を一旦は相手に取られますが、そのボールをアデミウソンがパスカットし、前線に残っていた今野とワンツーで抜け出しゴール!アデミウソンは今季2点目となりました。
取り返そうとする仙台は早め早めにクロスを入れ、それに反応する金園が脅威に感じました。
27分ペナルティエリア内で接触プレーに絡んだ遠藤ですが、スライディング時の足がかかとを見せたということでファウルとなりPK献上で3-1となりました。遠藤の調子がどうもいまひとつで、常にワンテンポ出足が遅れておりファウルが目立ちました。取り返しに出てくる仙台は前半途中からペースを握り危ないシーンもあり、アディショナルタイムにはFKから得点を許したかと思いましたが、オフサイドの判定で命拾いしました。これが失点となっていればその後の展開も変わっていたと思います。結局、そのまま前半が終了します。



スポンサーリンク

後半早々、相手のボールを取りに行ったアデミウソンが負傷。大森と交代し、宇佐美がトップ下に移動しました。ハイプレスに来ている仙台に何かと手こずっている様子でクリアボールをプレスに来た相手に当てるシーンが目立ちました。完全に仙台ペースで試合が進んでいるため、流れを変えるためにも宇佐美の代わりに倉田が投入されました。スピードのあるハモンロペスに圧倒される場面もありましたが、ギリギリのところでなんとか守りきり、3対1で勝利を掴みました。

アデミウソンは凄い

今野はやっぱりボランチ、相手にプレスに行く判断がすごく良いです。3点目は今野のプレスから生まれた得点です。この感覚は残念ながら井手口にはまだありません。宇佐美がようやく今季初ゴールを上げました。長い距離を走った後であの力強く鋭いシュートが打てるのはさすがです。また、アデミウソンも良かったです。1点目では宇佐美からの折り返しをゴールを背にして受けましたが、ワントラップ一発で体を反転させ前に向き直し、さらにDFのプレスもかわしました。全てのスピードが違いますね。また3点目のシーンですが、今野とのワンツーで抜けた後、きっちり相手DFを体の左側でブロックして右足でシュートを打っています。単にうまいだけではなく、体が強くないとDFに倒されますので凄い選手です。それだけに負傷退場したのが気になります。

決めるべき人が決めたのでチームとしてもいい雰囲気になっていると思います、このまま上昇気流に乗って欲しいですね!



スポンサーリンク

関連記事

  1. ガンバ大阪新スタジアムとエキスポシティの駐車場について私の考えをまとめました

  2. ガンバ大阪の2015年シーズンを振り返りました

  3. プレーに影響ない!ファビオが札幌戦でハンドにならなかった理由

  4. Jリーグ1stステージ第5節ガンバ大阪の横浜戦を振り返りました

  5. ガンバ大阪の福岡戦で宇佐美のゴールはなぜ決まったか

人気記事

PVアクセスランキング にほんブログ村
PAGE TOP